読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ねこまたぎ通信】

Σ(゜◇゜;)  たちぶく~~ Σ(゜◇゜;)

 日本を攻撃する

とりあえず日本をやっときますか.(笑)
今日のJMMは面白かった.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 『Younghee Ahn の韓国レポート』                第 219回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ちょっと過激な発言」

最近、ネットサーフィンをやっていると、「日本を攻撃する」という過激な発言が目立った。尋常ではないと思いつつ読んでみると、択一問題の例題などにも出題されている。どう見ても、変な使い方である。検索で調べて見ると、実際はネットユーモアの一つらしい。
なぜこんな過激なユーモアがでてきたのか。実は、日本の「嫌韓論」を主張する人たちが、日本の某テレビ局で放映された画面をキャプチャーしたのがきっかけだという。画面のキャプチャーには、ソウル市民の字幕の横で若い男性が「アメリカが北朝鮮を攻撃したら?」という質問に対し、「日本を相手に戦います。」と答えている。その下には、「アメリカが韓国政府の同意なしに北朝鮮を攻撃したら?」という設問に対し、円グラフがある。内訳は、北朝鮮を助ける(47.6%)、日本を攻撃(21.2%)、アメリカを支持(31.2%)だった。このキャプチャー画面が「嫌韓」サイトに載っていたのを韓国人たちが見つけ、それを韓国のネットに流した。
だが、キャプチャー画面の受け答えはどう見ても自然ではない。「アメリカが北朝鮮を攻撃したら」、なぜ日本を相手に戦うのか? しかし、疑問はさておき韓国のネットでは、日本語の部分が「日本を相手に戦います」が「日本を攻撃する」と翻訳された。
その後、「日本を攻撃する」という言葉が独り歩きし始めた。そこで、何か話がいきづまったり、択一問題の例題などに使われ始めたのだ。もちろん、掲示板の書き込みにも使われている。
たとえば、


Q.もし恋人が他の男と結婚すると言えば?
1.一発ぶん殴ってやる。
2.幸せを願う。
3.日本を攻撃する。


また、世界的に通じるジョークで「象を冷蔵庫に入れる方法」にも使われている。


米国:先端技術で象が入れる冷蔵庫を作った後、ウィンドーを設置し誤謬発生で象を入れるのに失敗する。
英国:女王が英連邦諸国を訪問し、象を冷蔵庫に入れてほしいと訴える。
ドイツ:一寸の狂いもなく象が入れる家庭用サイズの冷蔵庫を設計するが、米国の要請で生産計画が中止となる。
ロシア:政府が冷蔵庫に象が入ったことを発表する。この事実に関して取材していた記者たちが次々に失踪する。
韓国:象が冷蔵庫に入るまで日本を攻撃する。


この例題以外にも一事が万事、このような感じである。すべて、最後の答えは、「日本を攻撃する」なのだ。
話は戻るが、「日本を攻撃する」といったソウル市民の突飛な発言はなぜ出たのか。それは、ちょっとしたいたずらのせいだった。その画面は、2005年北朝鮮のミサイル発射について、ソウルの街頭インタビューをした資料だった。実際には、「アメリカが北朝鮮を攻撃した時、これを日本が政治軍事的に支援すれば、どうしますか」という質問に対し、「そうしたら、日本とも戦いますよ。(北朝鮮は)同じ民族ですからね。」というものだったらしい。下にあった、円グラフの内訳も、北朝鮮を助ける(47.6%)、アメリカを支持(31.2%)、残りは灰色になっている。この円グラフは、2005年韓国の文化日報(新聞名)とKSOI(韓国社会世論研究所)で全国成人男女700人を対象にアンケート調査した結果をもとに作成されたものだ。したがって、灰色の部分は無回答の部分である。
今回の「日本を攻撃する」というハプニングのきっかけを提供したのも、タネ明かしをしてくれたのも実は日本人だという。だが、すでに「日本を攻撃する」という言葉は勝手に独り歩きし始めた。実際に日本を攻撃することはなくても、言葉では日常的に「日本を攻撃」することに慣れてしまっている。韓国には「言葉がタネになる」ということわざがある。言葉で発することで、そんなことが実際に起こってしまうことをいう。まさか、そんなことはないだろうけど、やはり言葉は慎んだ方がいいのではないかと思う。

----------------------------------------------------------------------------
Younghee Ahn(アン・ヨンヒ)
韓国生まれの韓国人。小学4年から高校1年まで、大阪在住。韓国外国語大学同時通訳大学院日本語修士課程卒業。同時通訳からスタートして、現在は会議通訳、及び、韓国梨花女子大で、日本語の講師も務める。著書に『シナブロ(知らぬ間に少しずつ)』(小学館http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4093860971/jmm05-22
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━